ショッピングモール

ショッピングモール大手ショッピングモールでは毎月特定のオススメ商品をピックアップして、テレビショッピング式に動画で商品説明を閲覧できます。すでに静止画像でもかなりわかりやすいのですが、さらに商品を使っているシーンを見せる事で購買意欲をかき立てています。時間にすればほんの1分足らずです。あまり長いと飽きてしまいますし、しつこさも手伝って歩留まり率が圧倒的に下がってしまう点も考慮されています。

さらに人気ランキング別に並べて売れ筋商品から順番に閲覧できるようになっています。価格は最初から出さずに気になる人は対象店舗へ飛ぶという仕組みになっていますから、消費者予備軍をECサイトへ呼び込む手腕としてはよく考えられている方ではないでしょうか。このように単独でECサイトを運営するよりもショッピングモールに登録する事で、運営支援も受けられます。

もう一方の大手ショッピングモールではトップページで一番最初に目につく位置に動画コンテンツが設置されており、商品説明動画が随時閲覧できるようになっています。音声はありませんから会社オフィスで偶然見つけても、ストレスなく閲覧できますし気になったら動画をクリックする事で対象ページへジャンプする事ができます。この手法は別の芸能プロダクションサイトでも活用されていました。

ECサイトでの動画

ECサイトとはelectronic commerceの頭文字をとってECと呼ばれている取引の形で、直訳すると電子商取引となりますからいわゆるネット通販です。大なり小なり多くの店がインターネット上に専用のネット通販サイトを開設し、リアル店舗よりもお得に買い物ができるようなサービスを提供しています。こうした店では動画広告をどのように活用しているのかを見ると、なるほどと納得できる部分もあるのではないでしょうか。

クレジットカード決済実際にネット上に店舗を開いている電化製品サイトを閲覧してみると、自社製品の使い方を動画で紹介しています。静止画像で見るよりもリアルな動きを画面で見る事ができますから、わかりやすいですしインパクトも強烈です。寄せられたコメントにも好印象を受けているものが多く寄せられていました。閲覧者からのコメントを公開する事で、商品への関心をより多く集める事ができて便利です。

本や雑誌などの書物を広く扱うネット上の本屋サイトでは、自身のサイトで扱っているオリジナル作品や対象の人気動画を、利用料を支払う事で見放題にするサービスを行っています。DVDを自分で買って自分の部屋で見たいという人はクレジットカード決済などで購入できますが、在庫を抱えるのが嫌だという人や一度見たらもういいという人向けに、こうしたサービスを提供する事でより多くの売り上げを上げる事に成功しています。

動画制作とECサイト

動画の活用は様々な分野での活用が進んでいます。社会貢献としてボランティア団体による啓蒙啓発を目的とした動画や、化粧品会社での商品アピールに動画を活用しているところも多いです。生命保険会社関係ではドラマ仕立ての広告動画がSNSなどに発信されて、たくさんの視聴率を上げているものも多いです、劇場映画のプロモーションビデオも時たま流れていて、観客の注目を集めるのに大いに貢献しています。

モバイル端末未だに衰える事なく人気なのがECサイトの広告動画制作です。今後ますますアイホンユーザーの拡大が期待できますから、モバイル端末での発信を意識した動画制作も盛んに行われています。ECサイトの場合は自社商品の売り上げに直結しなければお話にならないわけですから、いかに聴衆の関心を引き購買欲を引き出すかが鍵になります。専門業者の腕の見せ所になる部分になるわけです。

まずはどういったコンセプトのどういった商品を扱っているかの説明が、しっかり視聴者に伝わらなければいけませんからビジネス文書の内容も重要になってくるのは当然です。いわゆるECサイトの良さや内容をしっかり伝えられるコンテンツの選択、および開発そして活用方法の検討といったマーケティング施策が、とても大きな部分を占めていますから動画制作会社を選ぶ際には、特に着目して綿密な打ち合わせが必要です。

そのためにもネットに散在しているショッピングサイトを訪問してみて、どのように動画が活用されているかをリサーチしてみるのも良いでしょう。

関連HP…トップページ – 動画制作・動画広告ならムビラボ